お酒と褒めがポイント?逆援に向けて彼女と1日で親密になる方法

知り合った女性と恋仲になるには

出会い系で知り合った女性とデートをすることになったとき、どのようにすれば彼女と恋仲になれるのでしょうか。彼女と男女の関係になる、その最初の一歩をどうすればいいのかわからない。そんな方も多いと思います。しかし彼女との距離が縮まらないと、逆援助交際なんて絶対に無理ですよね。そこで、この記事では、彼女との距離を、会ったその日のうちに一気に詰める方法をご紹介します。

まず、その子と会いましたら、さらっと褒めてください。彼女が待ち合わせ場所にやってきて、挨拶を済ませたあと、すぐに褒めるのです。「やっぱりお綺麗ですね」とか「可愛いですね」とか、ちょっと照れたふうを装いながら、はにかみつつ言ってみてください。きっと彼女は喜んでくれるはずですし、その後のデートが楽しくなりそうな予感というものを抱くはずです。

そして、約束通り彼女と出かけますが、デートプランで決まってはいなくとも、必ずお酒を飲みに行くようにしてください。たとえば映画なんかを観たあとに、どんな店でもいいですから、居酒屋やバーを見つけて「ちょっと飲んでいきませんか?」と誘いましょう。映画を観た直後であれば、その感想や何かを言い合うのにちょっとお茶をするというのは自然なことですし、その「お茶」が「お酒」に変わったところで大した問題はありません。彼女は、あなたともうちょっと遊びたいと思っていれば、すんなりOKしてくれるはずです。

そこでお酒を飲みながら話しますが、このときのポイントは、彼女を立ててあげるということですね。お酒を飲めば、人により度合いは違いますけれども、自分の生い立ちだったり、人生論だったり、恋愛観だったり、社会への不満っだったりを語りたくなるものです。そういった話を聞いたときに、否定することはせず、常に賛同し、「言うとおりだと思います」「自分の考え持っててすごいですね」「頭いいですね」などと褒めてあげましょう。これがけっこう利くんです。自尊心をくすぐってやると、たいていの人は喜びますから。男であれ女であれ、それは変わりません。

お店を出てから……

外もすっかり暗くなりましたら、店を出ます。時間帯は22時から23時くらいがベストです。それ以上長く遊んでいると、終電、終バスがなくなるといった時間帯がいいですね。店を出ましたら、「これからどうします?」と訊いてみてください。「どうしよっか」なんて答えが返ってきましたら、それはつまり一晩一緒にいてもいいといった意味になります。

彼女がまだ遊びたいという意志を示してくれたら、あとは、町を適当にぶらついて、ホテルのほうへ誘導し、その入り口が見えたところで「入りますか」と誘ってみてください。たぶん、そこまで行けば断る子はいないと思います。お酒が入れば誰もがちょっとはエッチな気分になりますし、彼女はあなたのことを気に入っているわけですからね。以上のようにして、彼女とその日のうちに親密になれるよう、頑張ってみてください。

逆援助希望ならこのサイト→逆援 人妻