援助交際とサイバー補導

サイバー補導と言う言葉を耳にするようになったのは、友達が援助交際を始めた時でした。それまでそうしたことは知りもしませんでしたし、援助交際を実際している人間は私の周りにはいませんでした。でも友達の彼女は、何か不満があるらしくその発散のために援助交際をしはじめました。もちろん、サイバー補導というものがあると知りながらです。

私は何度もやめるように言い聞かせてきたのですが、一度お金を手にしてしまうとやめられないものになるのですよね。数時間一緒にいて、エッチするだけで数万と言うお金を手にできるのですから楽なものだと私だって思いました。でも、実際補導されてしまったらそれで終わりだと言うことが彼女にはあまり伝わらなかったのです(関連記事【援交 神待ち】)。

正直、私は怖いと思いました。サイバー補導されてしまったらどうなってしまうのか。学校にばれたら退学だろうし、親にばれたら親が悲しむだろうし。彼女よりも私の方が、いろいろ悪いことを考えてしまい怖くなってしまったのです。結果的には、彼女は今もまだ援助交際をしていますし補導もされていませんがこれでいいのかどうか。いつまで援助交際を続けるきだろうと私はひやひやしてしまいます。

彼女がいつも出会いに使っている出会い系サイトには、これほどまでに多くの援助してくれる相手がいるのだと感心さえしてしまいます。男性側もいったい何を考えてお金を支払うのでしょうか。少し前に男友達に話を聞いたのですが、風俗に行くとお金が高いから援助の方が同じ性目的なら得なんだと言っていました。

たしかに風俗によっては、料金設定が高いところもありますがだからといって援助交際で満たされるというのがおかしな話ですよね。そもそも、一般女性とのセックスで数万払うなら風俗でプロのテクニックを受けた方がまだいいのでは?これは女性側の意見なのでしょうか。男性がテクニックがない素人相手にお金を本気で支払うその根拠は何なんでしょうか。

毎回友達が援助をするたびに、笑顔でご飯をおごってくれるのですが何か腑に落ちない気持ちです。まあ、私もそのお金でお腹を満たしているので何も言えないのですが。これからも彼女には補導されてほしくないですし、できれば援助交際をやめてほしいと思います。何しろ、サイバー補導をされている子は多くいますからいつ彼女がなるかわかりません。

友達として今は本当にドキドキしながら、彼女を見守っているといった感じです。