どうして不倫を始めたのか、今ではもうすっかり忘れてしまいました

私の場合は特に、頭で考えて不倫したわけではなく、むしゃくしゃしていて出会い系サイトに勢いでアクセスしてしまい、そのままメル友を作って不倫をしてしまったという流れだからです。
不倫を経験している女性には、特に私の気持ちがよくわかってもらえるのではないかというふうに思います。
不倫って本当に頭で考えてするものではないんですよ。
人妻は特に不倫をするために出会い系サイトを利用しているのだ、というようなことが言われて、出会い系サイト自体を「不倫サイト」などという人がいますが、始めから不倫することだけを考えて出会い系サイトを利用し始めるという人妻は案外少ないんです。

不倫にのめり込んでしまった人妻はたいてい、最初はこんなつもりじゃなかったとか、出会い系サイトを利用したのは憂さ晴らしのためで、メル友が何人かできたらそれだけでよかった、というようなことを言います。
でも、出会い系サイトを利用してメル友を作ってしまったら、その人とはただの友達で終わらない可能性が高いのです。

不倫という言葉の定義をどうするのかというのはちょっとだけ人によって考え方が違うかもしれないのですが、私の場合は、不倫というのはやっぱり、出会い系サイトを利用するなどして旦那以外の男性と関係を持ち、その男性と体の関係を持って初めて、その人は「不倫をしてしまった」というふうに考えられると思います。
体の関係を持つまでは「あの人はただの友達」という言い訳ができるのかもしれませんが、私の場合は、体の関係を持ってしまった時点でもう完全にアウトですね。
それまでは自分でもなんとか許せるだろうと思いますが、体の関係を持つとそれはもう完全に不倫です。

不倫をするというとどうしても「女のほうが悪い」というイメージがあるかもしれません。
確かに、男性の側に何も非がなくて女性が一方的に不倫をするということはありえます。
結婚後も奔放な生活を続ける女性はいるからです。
余談ですが、そういう女性に限って美人だったりするんですよね。
魔性の女というやつでしょうか。

私は別にそれほど美人ではありませんが、出会い系サイトを利用して知り合った男性と不倫をしました。
決して開き直るわけではなく、不倫の責任は私にはないと考えています。
なぜ私に責任がないといえるのか、それはもともと、私が出会い系サイトを利用して不倫を始めたきっかけというのが、旦那の浮気にあったからです。

うちの旦那は、結婚前から少しだけ、女性関係が乱れていることが気がかりでした。
私と恋人同士のお付き合いをしている(と少なくとも本人は言う)癖に、私以外の女のこともたくさん関係を持っているようでした。

結婚するときに、今までの女性関係は全て生産してくれとお願いしたのです。
それが、私が旦那に出した唯一の結婚の条件でした。
そして旦那がその条件をのんだので、私たちは結婚したのです。
惚れた女の弱みという部分もあるかもしれませんが、うちの旦那は本当に、女性関係が乱れていること以外は完璧な人でした。
経済力もありましたしね(だからこそ浮気をしてしまうのかもしれませんが)

今までの女性関係は全て生産するといったのに、結婚後しばらくしてからすぐに、旦那の周りに女の影が見えるようになりました。
そういう話を面と向かってしたことは無くても、旦那との付き合いはそれなりに長いですから、なんとなくわかるのです。
また私自身、旦那の浮気を信じたくないという気持ちがやっぱり強くて、せめて何か具体的な証拠が出てくるまでは、浮気に関する話は一切しないでおこうと思っていたのです。

ところがあっさりと、旦那が浮気をしている証拠が見つかってしまったため、私たちはそれがきっかけで大喧嘩になりました。
私としては今までずっと我慢をしてきた分、たまりにたまった不満が爆発した気持ちは自分でも抑えきれないほどでした。
結局そのケンカは解決することなく、旦那との関係がそれまで以上に気まずくなって、当然のことながら私たちはセックスレスの状態になりました。
喧嘩してから一日二日もたてば、旦那のほうは信じられないほどケロッとしてまた私に求めてくるのですが、本当にこういうところが無神経で信じられないと思います。

旦那にいよいよ愛想をつかして出会い系サイトを利用し始め、不倫に溺れているわけですが、これは私が悪いわけではないと思っています。本当にいい人と出会うことができたら、旦那とはさっさと分かれて新しい男性とのお付き合いを始めるつもりです。というか、私はどうして不倫を始めたのか今では全く覚えていないといっておきながら、これだけはっきり覚えているんですよね。

自分でもびっくりしますが、やっぱり悔しい出来事というのは、誰にとってもいつまでも忘れられないものなのかもしれません。

詳細記事一覧→SNSを理解しよう