逆援助からカップルに発展することはあるのか?

逆援助と名前を聞いただけで、体の関係になるイメージが強いですが、そんな体の関係からカップルへと発展することはあるのでしょうか?もちろんそうした例外はあるかもしれませんが、多くの場合は体の関係で終わることが多いようです。これは、自分の立場で考えたらわかりますよね。

やはり、体の関係は体の関係。体目当てで出会った人と付き合っても、また体目当ての人を相手が探すかもしれません。そんな人と付き合いたくないと思うでしょうし、それは自分も相手からしたら同じに見えるかもしれません。また、逆援助をする相手は旦那がいる女性が多いです。そんな人とカップルになれば、相手からしても大変なことになるでしょう。

ただ、逆援助の場合は寂しい女性を相手にします。なので、体の関係から発展したいと思えるような関係になるかもしれません。寂しさを癒してくれるなら、旦那よりいいという発想は、思いやすいでしょう。もちろん、旦那がいればそうは思ってもそういう関係になるのは無理だと思い、一線を引くのは当たり前です。

ですが、感情的にそうは感じられない時ほど、旦那や恋人にバレる可能性もあるので、そうしたことには気をつけましょう。絶対にバレてはいけない人ほど、ちょっとしたことをバレないようにしないといけません。自分がわからないようなこと「なんでそんなことを知ってるの!?」というようなことも起こります。

夢中になっていれば脇が甘くなるので、それで知られたくないことを知られてしまうことがあります。そうなると、会うことはもちろん出来なくなりますし、恋人との関係も危うくなります。それを避けたいなら、会う相手を選ぶ必要があります。まず、自分の知り合いの知り合いくらいの関係は持たない方がいいでしょう。

少し遠い関係に思えても、気づかれることがあります。なので、誰も知らないような人と関係を持つといいでしょう。また、会う場所も近いより遠い方がいいですよね。近所の相手なんてもってのほか。バレたいと言っているようなものです。ですが、恋人が全然知らないような場所に、仕事の都合で行くといったちゃんとした口実があれば、バレずに済むでしょう。

また、相手にバレるというのは、相手に大きな悲しみを与えてしまうことが多いです。なので、相手が全くそんなことをしているなんてわからないと思えるぐらいまで、わからないようにしましょう。それが、恋人への思いやりにもなります。人によっては、恋人とセフレは違うとあっさりいう人がいます。ですが、そういう人でもやはり恋人に見つかったら恋人に大きな悲しみを与えるのはわかっていることです。

浮気や不倫という関係は、そうやって隠さないといけないのが面倒ですが、逆援助をする側からすれば、旦那が悪い、恋人が悪いという人もいるでしょう。ただ、やってしまった罪悪感を感じる人もいると思います。

それは、それぞれの価値観ですが罪悪感を感じているならそれを解消してあげるのも男性の役目です。寂しくさせる相手が悪いから、そうして当然だと思えるぐらいなだめてあげれたら、二人だけの秘密の関係をもっと楽しめるでしょう。ただ、もし逆援助の相手に恋をしてしまうなんてこともあるかもしれません。

それは、仕方のないことですが相手が結婚しているなどすればもちろん叶わぬ恋になるでしょう。それはお互い様ですが、もし結婚ではなく恋愛をしている相手がいるだけなら、カップルになれる可能性はあります。遊びをたくさんしているのではなく、今回寂しくて仕方なくやってしまって罪悪感を感じている様な女性は、可愛く純粋に見えてしまうかもしれません。

そこから、恋に発展する可能性はあるでしょう。